THE RAMPAGE

THE RAMPAGEのメンバーカラーを解説!!ランページファンなら知っておきたい!!


Warning: A non-numeric value encountered in /home/xs446707/ldhdaisukiclub.com/public_html/wp-content/themes/jin-child/functions.php on line 11

2016年にデビューするやいなや、ものすごい勢いで人気になったTHE RAMPAGE。

16人という大所帯から生み出される迫力あるパフォーマンスや、3人のボーカルによる美しい歌声が魅力です。

グループのアーティストと言えば、メンバーカラーのようなものが割り当てられていることも多くありますよね。THE RAMPAGEにはメンバーカラーはどうなっているのでしょうか?

この記事ではTHE RAMPAGEのメンバーカラーについて解説していきます。

THE RAMPAGEのイメージカラーは?

THE RAMPAGEのグループカラーはです。グループロゴは黒ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(@the_rampage_official)がシェアした投稿

他にも今まで出してきたアルバムのジャケットも黒になっています。

1stアルバム

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(@the_rampage_official)がシェアした投稿

2ndアルバム

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(@the_rampage_official)がシェアした投稿

かっこいいですよね。まさにTHE RAMPAGEにぴったりな色だと思います。今後のアルバムのジャケットも黒がメインになるのでしょうか?

THE RAMPAGEのメンバーカラーは?

残念ながら、THE RAMPAGEの正式なメンバーカラーは発表されていません

そもそも、LDHのグループにはメンバーカラーが決まっているグループがほとんどありません。唯一、FANTASTICSがメンバーカラーを正式に発表しているくらいです。

三代目など、他のLDHのグループのメンバーカラーが決まっているように思えますが、ツアーグッズの色などからファンが推測して、勝手にそう呼んでいるだけで公式のものではありません。

本来であれば、メンバーカラーを紹介したいところですが、メンバーカラーは公式のものではないので、各メンバーのプロフィールと共に、好きな色を紹介します。

LIKIYA

 

この投稿をInstagramで見る

 

LIKIYA(@likiya16rmpg)がシェアした投稿

名前 LIKIYA
生年月日 1990年11月28日
年齢 30歳
出身 青森県
役割 パフォーマー・リーダー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ ELLYの遺伝子を持つ男

陣さんと共にTHE RAMPAGEのリーダーを務めるLIKIYAさん。最年長です。

LIKIYAさんは三代目JSBのELLYさんの弟としても有名ですよね。なんでも、格闘技のチャンピョンをお父さんに持つそうで、兄弟で軽く格闘技をしている動画がYouTubeに投稿されています。

 仲のいい兄弟なんですね。この他にもLIKIYAさんがやっているお店にELLYさんが来店したり、兄弟で絡んでいる動画が投稿されています(後述)。

LIKIYAさんはTHE RAMPAGEの楽曲の振付を担当していたり、料理上手としても知られています。カレーショップの「井上チンパンジー」では、期間限定で「リキヤーマンカレー」という商品を出していたほどです。

LIKIYAさんはELLYさんと同じように様々な才能を披露してくれていますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

陣(@rmpg_zin_official)がシェアした投稿

名前
生年月日 1994年4月28日
年齢 27歳
出身 大阪府
役割 パフォーマー・リーダー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 淀川のシルバーウルフ

LIKIYAさんとともにリーダーを務めます。とても面倒見が良いとメンバーからも評判です。合宿ーディションの当時から先頭に立ってみんなを引っ張っていました。

陣さんはABEMATVの「シブザイル」のメインMCを務めており、THE RAMPAGEのメンバーの中で随一のMC力を誇ります。

LIVE×ONLINEのトークセッションではもちろん陣さんがMCを担当してトークを回していました。

みんなの頼れるリーダーである陣さん。まさにTHE RAMPAGEのを支えている存在なのですね。

RIKU

 

この投稿をInstagramで見る

 

_riku_r.m.p.g_ldh(@_riku_r.m.p.g_ldh)がシェアした投稿

名前 RIKU
生年月日 1994年8月10日
年齢 26歳
出身 埼玉県
役割 ボーカル
メンバーカラー(好きな色) 黒・赤
キャッチフレーズ 青きストイック王子

THE RAMPAGEのボーカルを務めるRIKUさん。その歌唱力はパワフルで、非常に歌がうまいと評判です。

ボーカルの中でも唯一ピアノを弾き、ライブでも披露されました。SHOKICHIさんやATSUSHIさんみたいになってほしいですね。インスタでもよく、弾き語りを披露しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

_riku_r.m.p.g_ldh(@_riku_r.m.p.g_ldh)がシェアした投稿

また、キャッチフレーズが「青木ストイック王子」というだけあって、めちゃめちゃストイックです。ボーカルもそうですが、筋トレにもストイックです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

_riku_r.m.p.g_ldh(@_riku_r.m.p.g_ldh)がシェアした投稿

まじでバッキバキですよね。美しい筋肉です。THE RAMPAGEの筋肉王子と言えば武知海青さんですが、RIKUさんもなかなかの体してますよね。

ボーカルの中でも、他の2人を引っ張っている最年長ボーカルです。その歌声でたくさんの人を魅了していますね。

神谷健太

 

この投稿をInstagramで見る

 

神谷健太(@kenta.kamiya_)がシェアした投稿

名前 神谷健太
生年月日 1995年5月27日
年齢 26歳
出身 沖縄県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 沈黙のハイサイ・タイフーン

同郷の与那嶺瑠唯さんとともに「ハイサイコンビ」と呼ばれています。小さいころからこの二人はずっと一緒だったそうですよ。

クールな印象ですが、かわいらしい性格をしていて、甘えん坊です。

パフォーマーとしてだけではなく、MA55IVEの一員としてラップもやっています。

与那嶺瑠唯

 

この投稿をInstagramで見る

 

与那嶺瑠唯/THE RAMPAGE(@1_rui_yonamine_6)がシェアした投稿

名前 与那嶺瑠唯
生年月日 1995年8月16日
年齢 25歳
出身 沖縄県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 笑顔のハイサイ・ポッパー

神谷健太さんと共に「ハイサイコンビ」と呼ばれています。見た目通りの沖縄県民って感じですよね。

インスタライブでは三味線を披露したこともありました。

ロボットダンスポッピンを得意ジャンルとしていて、その実力はEXILE PAFOEMER BATTLE AUDITIONで最終審査の武道館に立つほどです。

与那嶺さんが踊った振りがTHE RAMPAGEの楽曲の振りに反映されることもあるそうですよ。

山本彰吾

 

この投稿をInstagramで見る

 

YAMASHO(@rampage_yamasho1006)がシェアした投稿

名前 山本彰吾
生年月日 1995年10月6日
年齢 25歳
出身 岡山県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 岡山のテクニカル桃太郎

「やましょー」こと山本彰吾さん。小柄で、ポケっとした顔がかわいらしいやましょーさんですが、話すとしっかりしているなという印象です。

もともとはストリートダンサーとして活動していたそうです。

RAMPAGEの楽曲のほとんどの振付を担当しているそうで、コレオグラファーとしても才能を発揮しています。

また、ライブの構成などについても積極的にアイディアを出しているそうです。

川村壱馬

 

この投稿をInstagramで見る

 

川村壱馬(@rmpg_kazuma_kawamura)がシェアした投稿

名前 川村壱馬
生年月日 1997年1月7日
年齢 24歳
出身 大阪府
役割 ボーカル
メンバーカラー(好きな色) 白・赤・黒
キャッチフレーズ 次世代のピュアシンガー

RAMPAGEの顔とも呼べる存在の川村壱馬さん。圧倒的なルックスでファンを虜にしてます。見た目だけでなく、歌声もかっこいいのが魅力です。

ステージの雰囲気を変えるほどのオーラをもち、Jr.EXILE世代でコラボした「BATTLE of TOKYO」のそれぞれの歌でも存在感がやばかったです。ファンの間では「帝王」なんて呼ばれています。

三代目の登坂さんを尊敬しているそうで、めちゃめちゃ似てるなって思わせる瞬間が多々あります。

High & Lowでは俳優にも挑戦しており、バラエティーでは激辛王子として、激辛にも挑戦しています。(挑戦していますというか、めちゃめちゃ強いです(笑)。)

吉野北人

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉野北人(@hokuto.yoshino.16_official)がシェアした投稿

名前 吉野北人
生年月日 1997年3月6日
年齢 2021歳
出身 宮崎県
役割 ボーカル
メンバーカラー(好きな色) 赤・黒・白
キャッチフレーズ 南国のBabyface

キャッチフレーズの通り、かわいらしいルックスの吉野北人さん。性格もかわいらしいです(笑)。ちょっと天然なところもあります。

見事オーディションを勝ち抜き、RAMPAGEのボーカルになるわけですが、歌は全て独学で学び、レッスンを受けてこなかったそうです。三代目の登坂さんと同じすごい才能の持ち主です。

中学生時代にバスケで宮崎県大会を優勝するほどの実力の持ち主でした。運動神経・歌・ルックス、、いったいいくつのものをもっているんだ、、、。

俳優にも挑戦していて、映画「私がモテてどうすんだ」では山口乃々華さんとともに主演を務めています。

山口乃々華・吉野北人主演 『私がモテてどうすんだ』キャストとLDHの関係は?どうもこんにちは! 山口乃々華さんと吉野北人さん主演の映画「私がモテてどうすんだ」が2020年7月10日より公開になります! ...

岩谷翔吾

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩谷翔吾/THE RAMPAGE(@shogo_iwaya_official)がシェアした投稿

名前 岩谷翔吾
生年月日 1997年3月11日
年齢 24歳
出身 大阪府
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 浪花のダンスレボリューション

笑顔のえくぼが魅力的な岩谷翔吾さん。小さいころから、「Choo Choo TRAIN」、「銀河鉄道 999」、「Someday」など、EXILEのMVに出演するほどの実力をもっていました。

GENERATIONSが夢者修行を行った際のサポートメンバーにも選ばれていました。

また、2016年から俳優としてもデビューしており、2019年には横浜流星さん主演の映画「チア男子!!」にも出演しています。

その他、LDHが展開する動画配信サービス「CL」の専属アナウンサーも務めるなど、様々な場所で活躍しています。

その他、LDHが展開する動画配信サービス「CL」の専属アナウンサーも務めるなど、様々な場所で活躍しています。

浦川翔平

 

この投稿をInstagramで見る

 

浦川翔平(@ura_river_official)がシェアした投稿

名前 浦川翔平
生年月日 1997年5月23日
年齢 24歳
出身 長崎県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色) 黒・黄色
キャッチフレーズ 全力”ぶちかまし”少年

RAMPAGEの元気印浦川翔平さん。ファンからは「しょへ」の愛称で親しまれています。小さいころからEXPGの特待生として様々な活動をしていました。

笑わせるのが大好きな性格で、Tik Tokなどでしょへが笑いを取りに行っている動画がたくさん見れますよ。個人的にはこの動画のしょへがツボです。

なんか、いろいろすごいですね(笑)。

DJとしての一面もあり、ライブやインスタライブでパフォーマンスしています。これがまたかっこよくて、普段とのギャップにやられます。

SNSを通して、ダンスだけでなく、ファンを楽しませてくれる浦川翔平さんです。

藤原樹

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原樹/Itsuki Fujiwara(@itsuki_fujiwara_official)がシェアした投稿

名前 藤原樹
生年月日 1997年10月20日
年齢 23歳
出身 福岡県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 静寂の貴公子

甘いマスクで人気の藤原樹さん。RAMPAGEのセクシー担当です。

小学生の頃から浦川翔平さんとずっと一緒にいたそうです。このころからEXLIEのMVにも出ていた逸材です。

かなりの猫好きで知られ、愛猫のマースはメンバーもかわいがっています。雑誌「ねこ」の表紙もマースと一緒に飾っているほどです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤原樹/Itsuki Fujiwara(@itsuki_fujiwara_official)がシェアした投稿

武知海青

 

この投稿をInstagramで見る

 

武知 海青(@kaisei_takechi_official)がシェアした投稿

名前 武知海青
生年月日 1998年2月4日
年齢 23歳
出身 兵庫県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 宝塚のマリンブルー・バタフライ

THE RAMPAGEの筋肉自慢と言えば武知海青さん。ボディービルの大会にも出場していて、優勝経験もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

武知 海青(@kaisei_takechi_official)がシェアした投稿

バッキバキですよね。その肉体は中山きんに君もうならせていました。

運動神経も抜群で、中学生の頃の水泳のジュニアオリンピックにも出場していたほどです。

長谷川慎

 

この投稿をInstagramで見る

 

長谷川慎/THE RAMPAGE(@makoto.hasegawa.official)がシェアした投稿

名前 長谷川慎
生年月日 1998年7月29日
年齢 22歳
出身 神奈川県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色) 黒・白
キャッチフレーズ 変幻自在のトリックスター

爽やかや顔立ちの長谷川慎さん。幼いころからEXPG生としてEXILEのMVやGENERATIONSのMVに出演していました。

PRINCE OF LEGENDでは俳優としても活動しており、YouTubeで配信され神尾楓珠さん主演のドラマ「主人公」にも出演していました。

洋服が好きだそうで、結構おしゃれな服を着ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

長谷川慎/THE RAMPAGE(@makoto.hasegawa.official)がシェアした投稿

しゃべり方もホンワカした感じでとってもかわいらしい印象です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ryu_rampageがシェアした投稿

名前
生年月日 1998年9月9日
年齢 22歳
出身 東京都
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ ビッグ・ハウスボーイ

THE RAMPAGEの赤ちゃんこと龍さん(笑)。

MPCという機材を使ってDJをしていたのが印象的です。インスタライブやオンラインライブで披露していました。

メンバーの鈴木昂秀さんとは小学校5年からずっと一緒にいたそうで、HiGH&LOWではともに相方として出演していましたね。

MA55IVEとしても活動していて、個人的には龍さんのパフォーマンスが一番好きです。

THE RAMPAGEの可能性を広げてくれる存在ですね。

鈴木昂秀

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木昂秀(@rmpg_takahide_suzuki_official)がシェアした投稿

名前 鈴木昂秀
生年月日 1998年10月3日
年齢 22歳
出身 神奈川県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色)
キャッチフレーズ 褐色のミステリアスパフォーマー

奇抜なドレッドヘアが特徴の鈴木昂秀さん。

幼稚園時代からサッカーをやっていたそうで県選抜にも選ばれるほどの実力だったそうです。

クリエイターとしての才能もあり、ライブのオープニング前の映像などを手掛けています。オンラインライブではセットリストや、ダンストラックのリミックスも手掛けたそうです。

ダンスの実力ももちろんそうですが、いろいろな才能を発揮していますね。メンバーから天才肌ともいられるほどです。

後藤拓磨

 

この投稿をInstagramで見る

 

後藤 拓磨(@takumagoto_)がシェアした投稿

名前 後藤拓磨
生年月日 1998年12月4日
年齢 22歳
出身 和歌山県
役割 パフォーマー
メンバーカラー(好きな色) 黒・藍色
キャッチフレーズ 弟はGJCでNY夢者修行

メンバー最年少の後藤拓磨さん。

ダンスの実力派メンバーの折り紙付きで、メンバーからの指名があり、4thシングルの「Fandango」では振付を担当しました。あの振付はどこか記憶に残るものがありますよね。

ヒップホップの特色を感じさせるファッションも魅力的で、THE RAMPAGEのファッション担当と言われるほどです。

最年少らしく、かわいらしい一面もSNSで見せてくれます。

THE RAMPAGEメンバーカラーは?まとめ

THE RAMPAGEのメンバーカラーについてまとめました。

THE RAMPAGEにメンバーカラーが公式に発表されているわけではありません。ですから、各メンバーの好きな色を紹介しました。

黒が多いようですね。THE RAMPAGEのチームカラーだからでしょうか。

この色をメンバーカラーとして紹介しているサイトもありましたが、メンバーカラーがかぶっていることなんてまずないはずですからね。

デビューからここまでものすごい勢いで駆けてきたTHE RAMPAGE。SNSなどでもファンを楽しませてくれています。

そんな彼らの今後の活動が楽しみですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。