GENERATIONS

GENERATIONS アップテンポな曲ランキング!!聴けば上がる、頑張れる曲!!

どうもこんにちは!

今日はGENEの曲紹介です。疾走感のあるアップテンポの曲から、バラードまで様々な曲がありますよね。この記事では、そんなのGENERATIONSのアップテンポの曲をランキング形式で紹介します。

夢に向かってがむしゃらに突き進んでいく歌や、気持ちが盛り上がる曲までたくさんあります。

「気分をあげたいなー」って人はぜひこの記事を参考にして聴いてみてください。その曲が収録されているシングルやアルバムをまとめています。

GENEはライブで盛り上がる曲も多いですよね。表題曲からマイナーな曲まですみからすみまでアップテンポの曲を紹介します。

それではどうぞ!

第22位 BRAVE IT OUT

収録:シングル『BRAVE IT OUT』、GENERATIONS、BEST GENERATION

第22位は『BRAVE IT OUT』です。GENERATIONSのデビュー曲ですね。GENEはEXILEや三代目と違って、アップテンポの曲でデビューしました。

今見るとみんな若いですね(笑)。このころはメンディーさん以外は10代でした。

間奏も含めてヴォーカルもぶっとうしで踊っていますね。この曲を聴くと、GENEの初々しさや、これから階段を上っていく覚悟を感じることができるのではないでしょうか。

何かに挑戦するときに聴くと気分が上がるかもしれませんね。

第21位 BIG CITY RODEO

収録:シングル『BIG CITY RODEO』、BEST GENERATION

続いては15thシングル『BIG CITY RODEO』。この曲でGENEの認知度がさらに高まったのではないでしょうか。ピーカーブーダンスで流行りましたよね。

このMVでGENEが女性と絡んでいますが、デビュー時は10代だったGENEも大人になったなーってこのMV見たとき思いました(笑)。

この曲はAメロがかっこいいですよね。メロディーがかっこいいです。ぜひ重低音をきれいに出すスピーカーやイヤホンで聴くことをお勧めします。

私自身、この曲が大好きですが、この順位となってしまいました。層がとても厚いですね( ;∀;)

第20位 G-ENERGY

収録:配信シングル『G-ENERGY』、SHONEN CHRONICLE

第20位は配信限定シングル『G-ENERGY』。LDHが展開するプロジェクト「エナジープロジェクト」のコラボレーション曲として作られました。

E-girlsも同じコラボで『EG-ENERGY』を発表しましたが、また違った雰囲気でまたよきです。

この曲はアップテンポで激しさもあり、サビのダンスなんか特にかっこいい曲ですが、その中におしゃれさもある曲です。「Na, na, na,na,na,na~♪」のところとかおしゃれですよね。

なんとなく聴いているとあまり気づきませんが、この曲ってリズムとるのが難しい曲だなーってGENE高でメンディーさんが歌っているのを見て思いました。やっぱヴォーカルってすごいですよね。

第19位 be the ONE

収録:涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた

第19位は『涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた』に収録されている『be the ONE』です。

とにかく気分が明るくなる曲です!MVもとても開放的でいいですよね。ライブでも一つになって盛り上がる曲です。まさにbe the ONEですね。

GENEらしくとてもスピード感があっていい曲だなーって思います。

第18位 A New Chronicle

収録:シングル『DREAMERS』、SHONEN CHRONICLE

第18位は2019年のライブツアー『少年クロニクル』のテーマソングである『A New Chronicle』です。

「We're the Generations!」って言いまくってるのでGENEのテーマソングにもなりそうですね。

これからライブが始まるというわくわく感がハンパない曲です。サビ前のヴォーカルのハモリが個人的にお気に入りです。

第17位 HOT SHOT

収録:シングル『HOT SHOT』、BEST GENERATIONS 、GENERATION

第17位は4thシングル『HOT SHOT』です。

GENEのラジオを聴いていると、よく聞くと思います(笑)。GENEのメンバーがふざけて、よく放送禁止用語を言うので、モザイクに使われています(笑)。

でも、本当はこんなかっこいい曲なんですよ。ダンスはもちろんかっこいいですし、エフェクトがかかった歌もかっこいいですよね。

第16位 TRANSFORM

収録:SPEEDSTER

第16位は『SPEEDSTER』に収録されている『TRANSFORM』です。

この曲はCMでも使われています。なんといってもサビがかっこいいですよね。この曲を聴くと全力投球したくなりません?私だけかな(笑)?

この曲はアルバムにしか収録されていないのであまり有名ではないかもしれませんが、とてもかっこいい曲です。もし、『TRANSFORM』を知らない方がいたらぜひ聞いてみてください。

第15位 UNITED JOURNEY

収録:シングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』、SHONEN CHRONICLE

第15位は2018年のライブツアー『UNITED JOURNEY』のテーマ曲である『UNITED JOURNEY』です。

この曲は新たな航海の始まりのような感覚にしてくれる曲です。この曲を聴いて『UNITED JOURNEY』(ライブ)という航海を出発するんですね。『A New Chronicle』と同様わくわくが止まりません。

GENEはこういうライブが楽しみになるようなライブテーマ曲を作るのが上手ですね。

カップリングにもなっていますし、アルバムにも収録されているのでぜひ聞いてください。きっとGENEのライブに行きたくなりますよ。

第14位 ANIMAL

収録:シングル『ANIMAL』、 GENERATION、BEST GENERATIONS

第14位は2ndシングル『ANIMAL』です。すごく斬新的なMVですよね。武者修行のサポートメンバーもこのMVに参加しています。今はEXILEの佐藤大樹くんも、参加しています。というか、4thシングルまで全部に参加しているんですけどね。

この曲はデビューの夢をつかんだGENEが次はヒットを夢をつかむための曲だと思っています。今は人気も出てきて、知名度も割とあるGENEですが、このころはヒットに向けてメラメラしてたんじゃないですかね。

その意思が現れた楽曲だと思ってます。なにかを目指している時に聴きたいきょくですね。

第13位 AGEHA

収録:シングル『AGEHA』、SPEEDSTER、BEST GENERATION

第13位はGENEの代表曲『AGEHA』です。王道のパーティーチューンで、盛り上がること間違いなしです。

MVには世界さんやRAMPAGEのメンバーも参加していてとても豪華です。まさにGENERAITONSを代表するMVです。

「I get high」で「アゲハ」って面白いですよね。次に出てくる『ヒラヒラ』でも似たようなことをしていますが、よくそんなの思いつくよなーって思います。

こういう言葉遊びの曲も楽しいですね。

第12位 to the STAGE

収録:GENERATIONS

第12位は1stアルバムの『GENERATIONS』に収録されている『to the STAGE』です。

この曲はGENE高のオープニングテーマでおなじみですね。2017年に始まったGENE高ですが、2013年に発売されたアルバムの曲がオープニングテーマになるんですね。まさに青春の曲って感じがします。

ライブでも盛り上がること間違いなしで、この曲を聴くとタオルをぶん回して、飛び跳ねたくなります。

ぜひこの曲を聴いて「新たなステージ」へ行きましょう!

第11位 REVOLVER

収録:シングル『NEVER LET YOU GO』、GENERATION EX

第11位は5thシングル『NEVER LET YOU GO』のカップリング曲『REVOLVER』です。

今までの曲は駆け抜けるような、疾走感のようなものがある曲が多かったのですが、『REVOLVER』はごりっごりの曲です。魂をぶつけ合う感じの曲です。

ワールドツアーでこの曲を披露していたのですが、めっちゃかっこよかったです。

同じアップテンポの曲ですが、また違った雰囲気の曲もありですね。

 

ここからは、いよいよTOP10です!

第10位 MAD CYCLONE

収録:シングル『BIG CITY RODEO』、SHONEN CHRONICLE

第10位は2017年のライブツアー『MAD CYCLONE』のテーマソング『MAD CYCLONE』です。

はじめから期待感半端ないです。この曲はなんと言ってもサビ。龍友くんの「Oh~,Yeah~」がお気に入りです。

『UNITED JOURNEY』や『A New Chronicle』と同じくライブツアーのテーマソングですが、この『MAD CYCLONE』が最初のライブツアーテーマソングでした。

ライブのテーマソングがすべてわくわくするのは、元祖がこんなにもライブが楽しくなる曲だからかもしれないですね。

第9位 ALRIGHT!ALRIGHT!

収録:BEST GENERATION

第9位は、ベストアルバム『BEST GENERATION』のリード曲の『ALRIGHT!ALRIGHT!』です。

かなりイケイケな曲です。このMVめっちゃかっこよくないですか?メンバー全員がそれぞれ光ってます。

玲於くんと亜嵐くん、メンディーさんはダンサーのかたたちとの息の合ったダンス。裕太くんのミラーや隼くんの炎はよりパフォーマンスを引き立てています。龍友くんのスタンドマイクを使いこなしたパフォーマンス、涼太くんの赤い画面に前髪が目にかかった感じがめっちゃかっこいいです。

この曲はベストアルバムにしか収録されていないので、少しレアですが、超かっこいい曲なのでぜひ聴いてください!

第8位 太陽も月も

収録:シングル『太陽も月も』、涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた、BEST GENERATION

第8位は14thシングル『太陽も月も』です。

この曲は先に亜嵐くんが出演しているCMで放送されて、その数日後にMVが公開されました。ですから、この曲を聴くと亜嵐くんがカギを探している風景が思い浮かびます(亜嵐くんがカギを探すCMだった)。

この曲はアップテンポなのに歌詞が考えさせられるというか、君と僕の関係を太陽と月で表現していたり、興味深い歌詞になっています。

ダンスもカッコよくて、とても見ごたえがあります。GENEらしい疾走感のある爽やかな曲ですね。

第7位 Make It Real

収録:GENERATION EX

第7位にランクインしたのは『GENERATION EX』に収録されている『Make It Real』です。

意外だと思った方も多いのではないでしょうか。シングルでもないし、カップリングでもありません。

しかし、この曲はシングルと肩を並べる曲です。青春を感じるメロディーにさわやかに、歌い上げる曲です。この曲を聴くと前へ進もうという気持ちになります。

なにか落ち込んだりした時はこの曲を聴いたら前に進めるはずです。

第6位 Sing it Loud

収録:シングル『Sing it Loud』、GENERATION EX、BEST GENERATION

第6位は7thシングルの『Sing it Loud』です。このころから新人感が抜けて、いろいろな表現ができるようになったのかな?勝手にそう思ってます(笑)。

この曲は間奏のダンスがすごく好きです。MVではあまり写ってないので、ライブなどでぜひ見てほしいですね。

2014年はYouTubeなどのソーシャルメディアが発達してきたころなので、ネットで全世界とつながるようなMVが特徴です。この曲でGENEも世界につながってほしいですね。

第5位 Hard Knock Days

収録:シングル『Hard Knock Days』、SPEEDSTER、BEST GENERATION

第5位は9thシングル『Hard Knock Days』です。

この曲はアニメ『ワンピース』のOPにも起用されました。言わずと知れた名曲ですね。スピード感のあるサビに、ヴォーカル二人のハモリが加わると最強です。

ダンスもかっこいいですし、歌詞もかっこいいですし、歌もかっこいい、まさに最強の一曲です。

第4位 F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS

収録:シングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』、SHONEN CHRONICLE

第4位は16thシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』です。

この曲めっちゃよくないですか?初めて聞いた時衝撃でした。スピード感、疾走感がありますし、聴いていてノリたくなるような曲です。

この曲のダンスもすごい好きで、サビのダンスはもちろん、間奏のダンスも好きです。玲於くんから始まり、亜嵐くんと裕太くんが加わり、最後にメンディーさんと隼くんが加わって踊る。その流れがとてもかっこいいです。

踊っているのを見るのもいいですが、2番のサビのような見せ方もおしゃれですよね。とてもお気に入りです。

第3位 ヒラヒラ

収録:シングル『ヒラヒラ』

第3位は21stシングル『ヒラヒラ』です。

バンドミュージックの楽曲で、とてもノレる楽曲です。『AGEHA』と同じように「here out」で「ヒラヒラ」となっていてとても面白いですよね。

サビでは『もはや「愛」も「ない」時「代」は「ない」』、『「未「来」は「I」次「第」の「life」』って「あい」で韻踏みまくってます。これもノレる要因のひとつなのでしょうね。

MVもまた、モノクロになっていてまたかっこいいです。最新シングルなのでまだアルバム収録はないですが、アルバム収録が楽しみですね。

第2位 RUN THIS TOWN

収録:涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた、HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM

第2位はHiGH&LOWプロジェクトの「Rude Boys」のテーマソングとしてうまれた『RUN THIS TOWN』です。

Rude Boysはアクロバットが特徴の戦い方をするのですが、その雰囲気とマッチしています。やっぱり疾走感のある曲はGENEですよね。

個人的には間奏ダンスが好きで、隼くんのアクロバットすごくないですか?前宙しながら玲於くん飛び越えちゃってます、。これテレビの生パフォーマンスでもやっていますからね。えぐすぎます。

HiGH&LOWプロジェクトの中で一番好きな曲です。

第1位 Evergreen

収録:シングル『Evergreen』、SPEEDSTER、BEST GENERATION

そして第1位は8thシングル『Evergreen』です。

今まで「疾走感」、「スピード感」という言葉を多用してきましたが、『Evergreen』はその代名詞と言ってもいいが曲なのではないでしょうか。めっちゃさわやかですよね。

MVではメンバーが楽しそうに踊っています。カッコよく見せるように踊るのもいいですが、楽しそうに踊っているのが一番ですよね。

このMVが公開されてから5年がたちますが、もう100回以上見てると思います(笑)。

それぐらいおすすめの曲なのでぜひ聴いてください。

最後に

いかがだったでしょうか。GENEは若さを活かした、爽やかな曲が多いグループです。きっとお気に入りの曲が見つかるはずです。

EXILE TRIBEといったらバラードだよ!

って思ったそこのあなた。ごもっともです。GENEの爽やかなアップテンポの曲のいいですが、バラードも最高な曲もたくさんあります。そちらはまた別の記事で紹介しますね。楽しみにしておいてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。